中卒バツイチ49歳!ポジティブおっさんの日記

中卒バツイチ48歳な!おっさんです。はてなブログが良いそうなのでブログ始めてみました。肩の力を抜きすぎないようにやってきます。

ブログを書くのにめんどくさいことはしたくはないのだ

こんにちは!

 
ポジティブおっさんです。
 
 
ブログってそうそう毎日書けるもんじゃないっすよね。
 
これで喰ってくっていう場合、1日1記事以上!みたいな話がありますが、やれてる人とか凄いなって思いますよ。
 
しかもその内容は読者に対し有益でなくちゃダメっしょ?
 
ごくたまに「今日はブログたくさん書ける気がするぞー!量産しちゃうよー!」みたいな日があって、いくつもの記事を生産〜の公開予約(はてなブログも公開予約できるよーにしてほしいな)なんかをしちゃうのですが、いかんせん今日はブログたくさん書ける気がするぞー!量産しちゃうよー!な日は少ないという現実がありまする。
 
私の場合、こんなぐだぐたな感じの記事でさえ、毎日というのは今のとこできてないんですよね。
 
自分の中に「ブログを書いて広告収入で喰ってくぞ!」といったような覚悟がないからなんでしょうけど、なかなか仕事だという割り切りができないといった所が足かせになってるんでしょうかね。
 
 

読者にとって有益な記事とは?

 
 
情報読んで面白い内容とかが有益な記事ということなのでしょうけど、読んで面白いはこちら側で「こりゃ面白いだろ」と思って書いた記事が必ずしも面白い訳ではないですよね。
 
 
それらはブコメや統計などのレスポンスなどによって確認するしかないわけです。
 
 

人を魅了する記事を書く

 
 
結局これに尽きるわけですが、こればかりはやってみないと分からない部分もあります。
 
 
かといって安易に炎上を誘発するような記事を書くのもどうよ?って話なわけで。
 
 
それも炎上した後のケアができるのであれば良いと思うんですよ。
 
 
でもだいたいが他のブログへお引越しなどという残念な結果が多い…
 
 
なんか色々もったいない気がします。
 
 
批評、批判記事を量産するブロガーの場合、それなりの覚悟図太さが必須ということなんでしょうかね。
 
 
私は嫌だな〜、もっと楽しくやりたいです。
 
 
馴れ合いとか仲良しクラブとかっつーのでは無いんですよ。
 
基本、
 
 

平和にやろうZE!

 
ですね。
 
 
もちろん批評、批判自体は必要です。
 
 
でもそれに対して「私はそうは思わない」なブコメなりをする必要性が果たしてソコにあるのかということなんです。
 
 
またそれに対して書かれた側が「むにゃむにゃ…」言うのも見たくないですし。
 
 
現状は、
 
 
批評、批判ブログを書く
 
 
「私はそうは思わない」
 
 
「むにゃむにゃ…」
 
 
ですが理想は、
 
 
批評、批判ブログを書く
 
 
「私はそうは思わない」
 
 
「人それぞれですね〜ワラ」
 
 
の方が潔いんじゃないですかね〜
 
 
私だけでしょうか。
 
 

所詮ブログはブログでしかない

 
自分自身でブログとの向き合い方をもう少し考えたほうがきっと楽しく過ごせる気がします。
 
私の場合ですが、ブログは自分磨きのツールのひとつ。
 
 
「私を知ってー!」
 
 
とかでは無いんです。
 
ブログってあれでしょ。
 
書けば書くほど色々お得ですよね!
 
文章力が上がったり、知識も増える。
 
うさ晴らしにも使えますが、その場合のリスクも考慮した上で、ということですよね。
 
だいたいブログ書くのに覚悟をするっていうことは、私には難しい。
 
続かない気がします。
 
 
という、なんだかまたつまらない記事書いちゃったな〜笑